ミキプルーンのミキへ ミキの食育BOX 個人情報保護方針 お問い合わせ ご利用案内
ミキの食育BOX
よむ! つくる! まなぶ! キャラクター紹介
よむ!
第1話 からだをつくる!たんぱく質
からだの魔法1 たんぱく質の役割
第2話 からだを動かすエネルギー! 炭水化物・脂質
からだの魔法2 炭水化物・脂質の役割
第3話 からだの調子を整える! ビタミン・ミネラル
からだの魔法3 ビタミン・ミネラルの役割
食育BOXトップ
からだの魔法2 炭水化物・脂質の役割
からだの魔法
1.栄養素の吸収は小腸におまかせ!
胃でどろどろにとけた食べ物は、次に小腸に送られます。小腸の内側にはたくさんのヒダがあって、その表面はたくさんの突起でびっしりおおわれています。まるで毛足の長いじゅうたんのようです。
このヒダのおかげで、細い管でもたくさんの食べ物にふれることができ、食べ物にふくまれている栄養素をほとんど吸収することができます。小腸のヒダをすべてひろげると、たたみ十二畳分になるといわれています。小腸で炭水化物はブドウ糖に、脂質は脂肪酸とグリセリンに分解され、たんぱく質から分解されたアミノ酸とともに、小腸のヒダから吸収されていきます。
2.吸収した栄養素はどうなるの?
小腸で吸収されたブドウ糖は血管を通って全身にエネルギー源としてくばられますが、寝ているときや、じっとしているときにはあまりエネルギーは必要ありませんね。こんなときは、ブドウ糖があまってしまいます。このあまったブドウ糖はどうなるのでしょう。このあまったブドウ糖は、一度グリコーゲンというものに変えられて、肝臓や筋肉にたくわえられます。そして、からだを動かす必要ができたときに、またブドウ糖に変えられて、血管を通して全身にくばられるのです。こうすることで、食事をしてからある程度時間がたっても、からだを動かし続けることができるのです。
3.ごはんは頭のエネルギー!?
勉強のときにたくさん使う脳。この脳をはたらかすことができるのは炭水化物が分解されてできるブドウ糖だけです。みなさんも朝ごはんを抜いた日の午前中は授業が頭に入らなかったということはありませんか?「朝ごはんをしっかり食べましょう」と先生がいつも話すのは、こういう理由なのです。
4.魚にふくまれる脂質「DHA」で頭がよくなる!?
脂質の中でも、さばやあじなど青魚にふくまれるドコサヘキサエン酸(DHA)は、脳のはたらきにかかせない大切な栄養素です。DHAを食べると、脳のはたらきが活発になり、記憶力や学習能力が高くなるといわれています。
炭水化物・脂質の役割
●からだを動かすエネルギー
私たちは遊んだり、勉強したりしているときはもちろん、眠っている間もエネルギーを使っています。この生きるためのエネルギーのもととなるのが、炭水化物や脂質なのです。車にたとえるならガソリンのようなものです。
運動を始めるとまず炭水化物がエネルギー源として使われます。運動の時間が長くなると、今度は脂質が利用されるようになります。また脂質はエネルギー源として利用されるほか、細胞の材料になったり、ビタミンAなどの吸収を助けるはたらきがあります。
●食物繊維でからだの中をきれいに!
大腸には小腸で消化吸収されなかった食べ物の残りカスが送られてきます。食物繊維はそのカスや水分を吸収してうんちをやわらかくするとともに、カサをふやします。もしも食物繊維がなかったら、残りカスは少ししかできません。そうするとうんちをしたいという合図が脳に送られず、なかなかうんちが出なくなります。これが便秘です。便秘の状態は生ゴミをからだの中にためておくようなものです。生ゴミをためておけばどうなるでしょう? 生ゴミはくさって、くさい臭いを放つガスが発生します。からだの中も同じことです。
食物繊維を多くふくんだものをたくさん食べて、からだの中をきれいに保ちましょう。