ミキプルーンのミキへ ミキの食育BOX 個人情報保護方針 お問い合わせ ご利用案内
ミキの食育BOX
よむ! つくる! まなぶ! キャラクター紹介
五感で食べる 食育コラム一覧

指先、手、目、耳、鼻で食べ物を愛で、舌で味わうのが料理。五感を意識して食べるようにすると、さらにおいしさを楽しめるようになります。また、料理をつくることは五感を総動員する作業です。子供に料理体験をさせる「台所育児」はいろいろな神経の発達に役立つ、すばらしい実践総合教育です。
視覚 食べ物のつや、色、姿、形、盛りつけを目で味わう。食器、花、照明なども楽しむ。
聴覚 煮る、焼く、揚げる、切る音。サクサク、パリパリと歯触りや歯ごたえのある音。食卓での楽しい会話、笑い声や音楽も大切。
嗅覚 野菜や果物、魚介類などの鮮度を見分ける目安。台所や食卓でのおいしそうな匂いは食欲を増進させる。
味覚 甘い、辛い、酸っぱい、苦い、しょっぱいの五味のほか、多種多様なうまみを味わう。その他、渋い、甘酸っぱいなど、どうおいしいかがわかる。
触覚 むく、ちぎる、切る、こねる、混ぜる、盛りつける。硬さや温度を感じる。箸や包丁、缶切を使う。火をつけて消す。指先が器用になると、脳が発達する。