ミキプルーンのミキへ ミキの食育BOX 個人情報保護方針 お問い合わせ ご利用案内
ミキの食育BOX
よむ! つくる! まなぶ! キャラクター紹介
活性酸素に要注意 食育コラム一覧

 私たちは、呼吸によって体内に酸素を取り入れています。酸素は人間が生きていくうえで必要不可欠なものですが、紫外線や強いストレス、タバコの吸い過ぎなどにより、一部の酸素が非常に酸化反応を起こしやすい酸素になります。これが活性酸素と呼ばれるものです。

 不安定な状態の活性酸素は、安定を求めて結合できる相手を探しまわります。その一部は、殺菌など役に立つ働きをするのですが、過剰に生成されると悪影響を及ぼします。例えば、身体の中にある脂質を酸化させ、有害な過酸化脂質をつくり出します。この過酸化脂質はいわば身体のサビで、老化や生活習慣病などを進行させる一因となるのです。

 ビタミンC、E、β-カロテン、リコペン、クリプトキサンチン、そしてビタミンBなどは活性酸素の悪い働きを抑え、過酸化脂質などの生成を防ぐという意味で「抗酸化ビタミン」と呼ばれています。

 ビタミンEは、脂質を主成分とする細胞膜の中にとどまって、酸化を防ぎます。
 ビタミンCは、細胞の内部で、活性酸素を分解するのに役立ちます。
 β-カロテン、その他のカロテノイドは、ビタミンC、Eと同様に抗酸化作用があり、皮膚や粘膜を健康に保ちます。
 ビタミンB
やナイアシンは、活性酸素によって、一度酸化されてしまったものを分解、代謝させる働きを促します。

 現代人は、活性酸素が過剰に生成されやすい環境に置かれています。これらのビタミンを十分にとることが、老化やさまざまな生活習慣病の危険を遠ざけることにつながるのです。