ミキプルーンのミキへ ミキの食育BOX 個人情報保護方針 お問い合わせ ご利用案内
ミキの食育BOX
よむ! つくる! まなぶ! キャラクター紹介
小腸の広さは、テニスコート1面分 食育コラム一覧

 小腸は、直径4cm、長さ6〜7mの細長い管。食べ物を消化・吸収する上で、もっとも重要な臓器です。内側の壁には無数のひだがあり、その表面には「じゅう毛」という小さな突起がびっしり。その1本1本にさらに「微じゅう毛」があり、栄養素を吸収します。栄養素を吸収する面を平らに広げると、なんとテニスコート1面分の広さになります。
 小腸は「十二指腸」「空腸」「回腸」の3つの部分に分かれています。十二指腸は胃の出口の幽門から約25cmほどの間。ここで、すい液と胆汁の2つの消化液が分泌されます。すい液には、たんぱく質や糖質(炭水化物)、中性脂肪を分解する酵素が含まれています。胆汁には、中性脂肪の消化・吸収と脂溶性ビタミンの吸収を促進する作用があります。小腸での消化・吸収活動は、ほとんど十二指腸と空腸で行われます。