ミキプルーンのミキへ ミキの食育BOX 個人情報保護方針 お問い合わせ ご利用案内
ミキの食育BOX
よむ! つくる! まなぶ! キャラクター紹介
食育基本法が成立 食育コラム一覧

 腸の中にはおよそ100種類、100兆個の細菌が存在していますが、それらはよい働きをする「善玉菌」と、悪影響をおよぼす「悪玉菌」に分けられます。

 善玉菌の代表は乳酸菌。整腸作用があり、小腸の運動と消化を助け、吸収の補助や免疫強化などの働きをします。主に小腸内部の環境を正常化する役割を果たしています。一方の「悪玉菌」の代表は「ウェルシュ菌」や「大腸菌」。これらが増えると、発ガン促進物質や生活習慣病などの健康障害を起こすような毒素を出したり、下痢や便秘が起こりやすくなり、免疫力が落ちてしまいます。また肝臓など内臓に過剰な負担がかかるといった問題も起きてきます。

 しかし、大腸菌が腸内の栄養分を食べ始めると乳酸菌も負けじと活動を始めるというように、善悪ともにお互いが存在して成り立っている面もあるのです。

  良い腸内環境とは、善玉菌を優位に保っているという状態です。善玉菌は老化にともなって減っていきますし、ストレスや過度のアルコール摂取によっても失われます。