ミキプルーンのミキへ ミキの食育BOX 個人情報保護方針 お問い合わせ ご利用案内
ミキの食育BOX
よむ! つくる! まなぶ! キャラクター紹介
「油」と「脂」の違い 食育コラム一覧

 脂質には、「油」と「脂」の2種類があります。「油」とは、常温(室温)で液体のもの(オリーブ油や魚油など)、一方「脂」とは、常温で固体のもの(バターや肉の脂身など)を言います。

 「油」が常温で液体、「脂」が常温で固体なのは、「融点」が違うためで、融点(溶け出す温度)の違いは、油と脂、それぞれの構造の違いによるものです。

 脂質は、いくつかの脂肪酸が組み合わさってできていますが、脂肪酸は、主に動物油に多く含まれる「飽和脂肪酸」と、植物油や魚油に多く含まれる「不飽和脂肪酸」に分けられます。

 飽和脂肪酸は融点が高く(常温で固体)、とり過ぎるとコレステロールを増やしてしまいます。不飽和脂肪酸は融点が低く(常温で液体)、コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。