ミキプルーンのミキへ ミキの食育BOX 個人情報保護方針 お問い合わせ ご利用案内
ミキの食育BOX
よむ! つくる! まなぶ! キャラクター紹介
糖分のとり過ぎは、血管を傷つける 食育コラム一覧

 糖質(炭水化物)は、身体を動かすエネルギー源。体内にとり込まれた糖質は、グリコーゲンとして肝臓に蓄えられ、必要に応じてブドウ糖に分解され血液によって全身に届けられます。血液が運ぶブドウ糖を「血糖」といい、血糖値とはその濃度を指します。

 血糖値は、すい臓から分泌される「インシュリン」というホルモンで調整されますが、糖分のとり過ぎや運動不足などによって血液中のブドウ糖が増え過ぎると、すい臓が疲弊してインシュリンを正常に分泌できなくなります。するとエネルギーとして使われなかった血液中のブドウ糖は、中性脂肪に変化しますが、増え過ぎると、血液や血管にトラブルを引き起こします。