ミキプルーンのミキへ ミキの食育BOX 個人情報保護方針 お問い合わせ ご利用案内
ミキの食育BOX
よむ! つくる! まなぶ! キャラクター紹介
「糖質」は脳のガソリン 食育コラム一覧

 「糖質」というと砂糖など甘い物をイメージしてしまいますが、そればかりではありません。糖質と食物繊維を総称して炭水化物といいます。これらは炭素、水素、酸素からできています。

 糖質(炭水化物)は、食べ物の中に一番多く含まれる栄養素であり、その役割は、身体を動かすエネルギーとなること。特に、常に働き続け、エネルギーを蓄えることができない脳にとって糖質(ブドウ糖)は絶対になくてはならないものです。

 糖質の中でも、それ以上分解できない糖を「単糖」と呼び、この単糖がいくつ結合しているかで、その種類が分けられています。

■単糖類:糖質の基本単位
・グルコース(ブドウ糖) ・・・・ 自然界に一番多く存在。身体を動かすエネルギー源となる
・フルクトース(果糖) ・・・・ もっとも甘みが強い。果実やハチミツに含まれる
・ガラクトース ・・・・ 乳糖の成分。カンテンに含まれる

■二糖類:2つの単糖が結合
・スクロース(ショ糖) ・・・・ 砂糖のこと。植物の樹液や甜菜(てんさい)の根に含まれ、グルコースとフルクトースで構成される
・マルトース(麦芽糖) ・・・・ グルコースが2分子結合して構成される
・ラクトース(乳糖) ・・・・ 動物の母乳に存在。グルコースとガラクトースで構成される

■少糖類:2〜10個の単糖が結合
・マルトトリオース ・・・・ オリゴ糖と呼ばれる。
2分子以上6分子以下の単糖類が結合

■多糖類:数十〜数百の単糖が結合
・デンプン ・・・・ 植物の根や茎、種子に存在
・グリコーゲン ・・・・ 動物性多糖。筋肉と肝臓に存在
・セルロース ・・・・ 植物の細胞壁を構成する多糖(食物繊維)