ミキプルーンのミキへ ミキの食育BOX 個人情報保護方針 お問い合わせ ご利用案内
ミキの食育BOX
よむ! つくる! まなぶ! キャラクター紹介
血液の色は、黄色! 食育コラム一覧

 血液を固まらないような処理をしたうえで、試験管に入れてしばらく置くと、黄色い液体と赤いドロッとした固まりに分離します。上にある黄色い液体が血液の55%を占める「血漿」で、その90%が水分、残り10%はたんぱく質、糖質(炭水化物)、脂質、ミネラル、血液凝固因子(フィブリン)などです。

 下の固まりは血液の45%を占める「血球」という細胞成分で、「赤血球」「白血球」「血小板」の3種類があります。血液のサラサラ度は、血漿の質と血球の状態に左右されます。3種類の血球はそれぞれ違った役目を持ち、チームワークで働いています。

●赤血球 ・・・・ 酸素や二酸化炭素の運び屋さん。血球のなかでもっとも数が多く、20兆個以上ある
●白血球 ・・・・ 進入してきた細菌を攻撃したり、食べたりする身体のガードマン。数は、350億個
●血小板 ・・・・ 血管が損傷を受けた部分に集まり、血液を固まらせて出血を止める修理係。数は、2兆5000億個