ミキプルーンのミキへ ミキの食育BOX 個人情報保護方針 お問い合わせ ご利用案内
ミキの食育BOX
よむ! つくる! まなぶ! キャラクター紹介
おやつの種類と量の組み合わせ(2) 食育コラム一覧

おやつをいっぱい食べていると3度の食事が乱れ、エネルギーや糖分をとり過ぎたり、逆に、ビタミンやミネラル、食物繊維などが不足してしまったりします。さらに、その結果として、偏食や食欲不振などの問題を引き起こしたりもします。お菓子や飲み物は小皿やコップに入れ、1回分の量を決めてとり過ぎないようにしましょう。

おやつに菓子や果物を与えることが多いようですが、おやつは食事の一部ですから、おやつ=甘いものと考えるのは大きな間違いです。おやつを子供の欲しがるままに食べさせているとクセになってしまいます。さらに、最近ではスナック菓子などの食べ過ぎと運動不足から肥満児が増えています。小学校以降の肥満の大半は、そのまま大人の肥満へと移行することからも、幼児期からの生活習慣をみなおすことが大切です。ビタミン、ミネラルの豊富なものを組み合わせて与えましょう。