ミキプルーンのミキへ ミキの食育BOX 個人情報保護方針 お問い合わせ ご利用案内
ミキの食育BOX
よむ! つくる! まなぶ! キャラクター紹介
つくる
親子でつくる元気レシピ
お料理をつくる前に
「いただきます」のルール
「ごちそうさま」のあとは
これが大切な5大栄養素+1
食育BOXトップ
「いただきます」のルール
配ぜんってなあに?
安全 けがややけどに注意。
ごはんやおかずのならべかたのことです。和食の配ぜんは、ごはん(主食)は向かって左、汁ものは右が大きな決まりです。おはしは手前の真ん中に左向きにそろえておきます。お手伝いして、ならべてみようね。 ひとり分ずつ盛ったおかず(主菜・副菜)は、つけものは真ん中、煮ものは左奥、さしみは右奥、お魚などの焼きものがあればその奥におきます。お魚の頭は左に向けてね。
おはしを正しく使えるかな?
日本人は1200年も前から、ずっとおはしを使って食事をしてきました。おはしは日本の伝とう文化です。正しい持ちかたできちんと使えるようにしましょう。
マナーを守って楽しく食べよう。
食事中はせきを立たない、さわがない。
テレビを見ながら、食事をしない。
左手をテーブルの下に入れたり、ひじをつかない。
背中を丸めないで、姿勢よく。
口に食べものを入れておしゃべりをしない。
同じものばかりでなく、順番にいろいろ食べよう。
「いただきます」と「ごちそうさま」は元気に言おう。